本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old kyu News(平成30年12月)

2018年12月27日

まるごとシェフのメニュー

まるごとシェフのメニュー

 11月30日、日本一の給食食育推進事業「まるごと長澤シェフのメニュー」として、マッシュルームと秋鮭の炊き込みご飯、舟形地鶏の照り焼き、地鶏コラーゲンスープなど、舟形産の野菜や食材をふんだんに使った学校給食が提供されました。

 また、メニューを指導した料理人の長澤正彦さん(堀内出身)が、目の前でかつらむき飾りを実演すると、繊細な包丁の技に中学生たちから驚きの声が上がっていました。

舟中2年生 大賞に輝く

舟中2年生大賞に輝く

 11月17日、舟形中学校2年生が「郷土Yamagataふるさと探求コンテスト」で、最優秀賞「ふるさと探求大賞」を受賞しました。これは、地域の方々と交流しながら学び、ふるさとへの愛着と誇りを育むため、県教育委員会が一昨年から開催しているものです。

 生徒たちは、トライワークでの農業体験を通じて、知った町の特産品や国宝「縄文の女神」、「堀内田植え踊り」等の舟形の資源を、修学旅行先の港区でPRした取り組みを発表。笑顔の受賞となりました。

長沢和紙で卒業証書を

長沢和紙で卒業証書を

 11月24日、舟形小学校6年生が長沢和紙保存会「和楽」の指導の下、長沢和紙を制作。これは、卒業証書を自分たちの手で作ろうと学年行事で企画されたものです。

 児童たちは、はじめての和紙漉きに悪戦苦闘しながらも自らの手で完成させていました。また、親子で体を動かしたり、タイムカプセルの手紙を書くなど、笑顔の絶えない1日となりました。

3Dプリンターの「縄文の女神」

3dプリンターで縄文の女神

 11月26日、新庄神室産業高校の教諭と生徒3名が、3Dプリンターで作成した「縄文の女神」5体を町に寄贈しました。

 これは、地域とつながることと学び続けることをモットーとする同校の生徒が、授業の一環として「地域のためにチャレンジしたい」と作成したものです。生徒のひとりは、「想像以上に時間がかかり大変だったが、良い経験になった」と話していました。寄贈された縄文の女神は町内の公共施設に展示されます。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内