本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old kyu News(平成30年9月)

2018年9月28日

「シゴトの魅力」の伝え方

シゴトの魅力の伝え方

 9月18日、「おかえり!孫プロジェクト」の一環で、「『仕事の魅力』伝え方研修会」が中央公民館で行われました。これは、子供たちに最上地域にも良い仕事がある事を知ってもらえるよう、地域企業の若手社員が仕事の魅力の伝え方を考えることを目的に開催されたものです。

 当日は、Idea partners代表山本一輝氏を講師に招き研修会が行われ、参加した最上管内の企業の職員14名と県・新庄市などの職員は、グループワークなどを通して活発に意見交換を行っていました。

土偶を作ってPRを

土偶作り

 9月20日、舟形中学校で「舟形焼若あゆ薫風窯」の金寛美さんを講師に招き、2年生47名が「縄文の女神」や附づくりを行いました。

 これは縄文時代や「縄文の女神」を学び、郷土愛を育むために行われたもので、生徒たちはそれぞれ上手に作ろうと試行錯誤しながら制作していました。完成した土偶や附は、11月に行われる修学旅行に持っていき、港区役所麻布地区総合支所にて展示、舟形町と「縄文の女神」のPRをしていく予定です。

絵本作家の話に夢中

かわばたまことさん講演会

 9月17日、絵本作家のかわばたまことさんの読み聞かせ後援会が、中央公民館で開催されました。今年で14年目になるこの講演会は、教育委員会と読み聞かせ連絡協議会が行っています。

 当日は、親子連れなど約100名が集まり、かわたばさんの人気絵本「鳥の島」などの読み聞かせを楽しみました。また、絵の構想段階から絵本が完成するまでのお話などもあり、子どもたちも夢中になって聞いていました。

町の産業・観光・自然を巡り考える

舟形大人塾2018

 9月19日、舟形大人塾2018で、町の産業・観光・自然を巡るツアーを行いました。

 この日は9名が参加。午前中は小国川漁業協同組合や舟形町土地改良区で鮎の飼育や三光堰について話を聞き、お昼は、舟形若あゆ温泉で商品や名物などについて意見交換会を行いました。また、午後からは長沢集学校と長尾地区の荒沢の滝、念仏の松を巡り、改めて舟形町の良さや魅力を考えるツアーとなりました。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内