本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

平成30年度保育園児募集

2017年11月21日

平成30年度ほほえみ保育園入所申込み案内

平成30年4月から新たに入所を希望される児童を募集します。
※現在入所されている児童で、引き続きほほえみ保育園を利用される方は申込みの必要はありません。

・申請対象
・認定申請
・入所申込みについて
・保育時間について
・利用者負担額(保育料)について
・注意事項
・入所申込書ダウンロード・お問い合わせ先

 申請対象

生後6カ月経過から就学前までの子どもで、就労などのため保育所等での保育を必要とする子ども

認定申請

子ども・子育て支援新制度にともなって、保育所の利用を希望される方は、入所申込書とあわせて保育の必要性にかかる「認定申請書」の提出をしていただき、新たに保育認定(2号・3号認定)を受けていただく必要があります。
保育認定を受けていただくには、保育を必要とする事由に該当することが必要です。
※未満児(0~2歳児)については利用定員に限りがあり、定員を超えた場合は、選考審査いたしますのであらかじめご了承ください。

1.保育認定とは?
  保育所の利用を希望する保護者の方には、利用のための認定を受けていただきます。
  利用する子どもの年齢によって2号か3号になります。

  • 2号認定 (満3歳以上)  子どもが満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望する場合。
  • 3号認定 (満3歳未満)  子どもが満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望する場合。

2.保育の必要量とは?  保育所の利用が就労等を理由とする場合、保育認定の他に次のいずれかに区分されます。

  •   a. 「保育標準時間」利用  → 両親ともフルタイムの共働き世帯の場合(一人親世帯やDV等の事由も含む)
  •      b. 「保育短時間」利用   → 両親のどちらか又は両親ともパートタイムの共働き世帯の場合

    *「フルタイム」週5日1日6時間を目安
    *「パートタイム」月48時間以上(週3日以上1日4時間以上)を目安

3.保育の認定の事由(2号・3号)

保育できない事情 認定区分 認定期間
就労 日常の家事以外の仕事をしている場合
※フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内の労働などを含む
就労時間による 最長3年間(就学前)
求職活動 求職活動を継続的に行っている場合(就労内定を含む) 保育短時間 3カ月
育児休業取得中の継続利用 育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて、継続利用が必要な場合 保育短時間 生まれる子どもが1歳を迎える年度の3月末まで
妊娠・出産 妊娠中であるか、出産後間もない場合 保育標準時間 出産前:2ヶ月 出産後:2ヶ月
就学 学校または職業訓練校に在学している場合 就学時間による 最長3年間(就学前)
病気・障がい 病気、負傷、心身に障がいがある場合 申請内容による 最長3年間(就学前)
病人の看護等 同居の親族(長期間入院している場合も含む)を介護又は看護している場合 居宅外:介護等の時間
居宅内:申請内容による
最長3年間(就学前)
災害復旧 震災、風水害、火災等の復旧にあたる場合 保育標準時間 最長3年間(就学前)
虐待・DV 虐待やDVのおそれがある場合 保育標準時間 最長3年間(就学前)
その他 上記に類する状態にある場合 申請内容による  

※「常時」とは、月48時間以上(目安:週3時間以上1日4時間以上)をいいます。 
※理由によって認定期間が異なります。事由がなくなったときは、認定取消し(退所)となります。
※保護者が子どもを保育できる場合は、認定を受けられません。
※保育の事由確認のため、1年に1回を基本に、現況届の提出が必要となります。

 

入所申込みについて

1.申込期間
  平成29年12月1日(金)~平成29年12月22日(金)まで
2.配布・申込み場所
  ・配布:舟形町役場健康福祉課福祉係の窓口で配布か、又は町ホームページからダウンロード
  で
きます
  ・申込み:舟形町役場健康福祉課福祉係(郵送では受付できません)
3.申込みに必要なもの
  (1)入所申込書
  (2)支給認定申請書
  (3)保育の必要性を証明する書類

区    分

内      容

就労している方

・ 会社員・公務員等の勤務の方は、「在職証明書」
・ 自営・農家・経営者が自身または親族の方は、「就労証明書」

求職活動中の方

求職活動支援機関等利用証明書

出産の方

母子健康手帳(分娩予定日記載部分のコピー)

学校に在学中の方

在学証明書

看護・介護をしている方

「介護・看護状況申告書」(診断書、介護保険被保険者証等のコピー添付)

病気の方・身体に障がいのある方

「疾病・障がい申告書」(診断書・身体障害者手帳等、保育ができないことが明記されているもの等のコピー添付)

 ※保育の必要性を証明する書類は父母及び同居の家族は全員提出してください。 

(4)その他
   次に該当する場合提出が必要

区    分

内        容

平成29年1月2日以降に転入してきた方

前住所地の市町村が発行する市町村民税課税証明書または非課税証明書で、所得額・所得控除額・扶養人数等の内訳が記載されているもの。

離婚調停中の別居の場合

調停中であることが分かるもの(裁判所発行)のコピー

※離婚調停中等を除き、保育料の算定上、不在者を含めて計算することとなります。また、不在者の在職証明書等も必要です。

生活保護受給者

受給証(コピー)又は受給証明書

在宅障がい者がいる場合

その方の手帳のコピー

その他

町長が必要と認めたもの

 保育時間について

<月~金>
区  分 通常時間 延長保育
保育標準時間        7:30~18:30  7:00~7:30、18:30~19:00
保育短時間 8:30~16:30 7:00~8:30、16:30~19:00

※延長保育は、別途延長保育料金がかかります。 

<土>
区  分  通常時間        備  考 
保育標準時間 8:30~16:30  
保育短時間 8:30~16:30   

 

休所日

 日曜日、祝日、お盆(8月13日~15日)、年末年始(12月29日~1月3日)、その他町長が必要と認めた場合は臨時に休所することがあります。

 

利用者負担額(保育料)について

1.主に父母の扶養義務者の町民税の合算額により決定します。
2.4月~8月の利用者負担額(保育料)は仮算定として前年度の町民税額で算定されます。9月からは当該年度の町民税額で再算定した金額となります。
3.3歳未満・以上については4月1日の年齢が基準になります。このため、2歳で入所して年度の途中に3歳になっても利用者負担額(保育料)は3歳扱いになりません。
4.保育所に入所後は、毎月の保育料を口座振替により納入していただきます。毎月25日が振替期日となります。25日が土日祝日の場合は、その翌日となります。
5.利用者負担額(保育料)


保護者等の町民税額等 3歳未満児の場合 3歳以上児の場合
保育標準時間 保育短時間 保育標準時間 保育短時間
1 生活保護世帯等 0円 0円 0円 0円
2 町民税非課税世帯

5,600円
 (  0円)

※第2子以降は0円

5,600円
(  0円)

※第2子以降は0円

 4,000円
(  0円)

※第2子以降は0円

4,000円
(  0円

※第2子以降は0円

3 町民税の均等割額課税世帯 16,000円
(5,800円)
15,700円
(5,800円)
13,600円
(4,800円)
13,300円
(4,800円)
4-1

所得割課税額

1円以上77,100円以下

25,600円
(5,800円)
25,100円
(5,800円)
23,200円
(4,800円)
22,800円
(4,800円)
4-2 77,101円以上97,000円以下 25,600円 25,100円 23,200円 22,800円
5 97,001円以上169,000円以下 34,000円 33,400円 25,200円 24,700円
6 169,001円以上301,000円以下 48,000円 47,100円 29,200円 28,700円
7 301,001円以上 52,000円 51,100円 31,200円 30,600円

                   ※( )内は、母子・父子家庭、在宅障がい児(者)世帯

6.2人同時入所の場合、下の子は1/2に軽減されます。3人以上同時入所の場合は、3人目以降は無料となります。
7.3歳以上児(年少~年長児)については、利用者負担額(保育料)の1/2を助成します。     (ほほえみファミリーサポート給付金)

8.年収360万円未満相当の多子世帯・ひとり親世帯等の場合、保育施設等の利用の有無や年齢に関わらず、生計を一にする(※)兄弟等を保育料の多子軽減の算定対象としております。多子世帯の場合、第2子については1/2、第3子以降については無料となります。ひとり親世帯等の場合、第1子については1/2、第2子については無料となります。
※同居している場合のほか、勤務、就学等により別居している場合でも、生活費、学資金の送金が行われている場合は、「生計を一にする」ものとして取り扱います。

    

注意事項

1.書類不備や記入漏れがあった場合、受付できません。提出前に必ず書類をご確認ください。
2.郵送での申込み用紙の配布・受付はできません。
3.受付期間を過ぎて申込んだ場合は、原則として4月入所の選考対象となりません。
4.選考の結果については、平成30年1月末頃に郵送で通知する予定です。
 

入所申込書ダウンロード・お問合せ先

申込書は、健康福祉課福祉係に用意してあります。また、下記よりダウンロードすることもできます。

    支給認定申請書.pdf(181KBytes)         支給認定申請書の書き方.pdf(267KBytes)

       入所申込書.pdf(298KBytes)                入所申込書の書き方.pdf(353KBytes)

       在職証明書.pdf(110KBytes)                就労(自営・内職等)証明書.pdf(110KBytes)

       在職証明書.xls(71.5KBytes)                   就労(自営・内職等)証明書.xls(71.5KBytes)

       疾病・障がい申告書.pdf(118KBytes)  介護看護状況申告書.pdf(139KBytes)

       求職活動支援機関等利用証明書.pdf(79.6KBytes)


舟形町役場健康福祉課福祉係  tel:0233-32-2111(内線334)  fax0233-32-2117 

 

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。
右のアイコンをクリックすると、Adobe社のサイトからダウンロード(無料)することが出来ます。



  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内