本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old kyu News(平成29年4月)

2017年4月28日

愛深めるベビーマッサージ

ベビーマッサージ

 4月11日、「親子♡ふれあいベビーマッサージ講座」が保健センターで行われ、7組の親子が参加しました。お母さん方からは、「親子のコミュニケーションやお母さん同士仲良くなれる良い機会になります」と好評でした。
 昨年度、保健センター内に開設した子育て世代包括支援センターでは、育児不安の軽減や仲間づくりのための事業を行なっており、町の子育て世代のみなさんのサポートをしています。 

協力隊・支援員活動報告会

報告会

3月24日、4名の地域おこし協力隊と3名の集落支援員による活動報告会が中央公民館で行われました。加工品の販路拡大や、舟形町での生活で感じたことなど1年間の活動について、それぞれが工夫を凝らして発表しました。
 このたび、2名の協力隊は任期を終えましたが、2名とも舟形町に定住することになりました。協力隊の経験を活かして、今後も活躍してくれることを期待します。

VR(バーチャルリアリティ)体験

VR

3月26日、タートルソフト(山形市)主催の「山形360パノラマVR体験ギャラリー」が、舟形若あゆ温泉で行われました。これは、地域おこし協力隊の長江亨さんが企画したもので、当日の参加者は56名。町内や県内の名所の風景が見える特殊な機械を使って、擬似的な観光体験をしました。
 参加者の一人は、「マッシュルーム工場等、普段は入れない場所を体験できて楽しいです。実際に行ってみたくなりました」と話していました。

 

 

入湯者数が350万人を突破

 入場者数が350万人を突破

 3月27日、舟形若あゆ温泉の入湯者数が350万人を突破しました。温泉は、平成5年の開湯以来、町内外の多くのみなさんに親しまれており、今年度は大規模改修が予定されています。
 350万人目の入湯者となった髙橋みや子さん(新庄市)には、花束と記念品が贈られました。髙橋さんは、「若あゆ温泉が好きで週 5日は通っています。従業員が良い人ばかりで、ここの雰囲気が特に大好きです」と話してくれました。

地域で始める介護予防

介護予防



 3月27日、いきいき百歳体操活動報告会が中央公民館で開催され、約170名が参加しました。この日は、介護予防といきいき百歳体操について山形県密着アドバイザーの赤塚郁奈氏が講演したほか、町内5団体による活動報告などが行われました。
 報告者の阿部静香さん(洲崎)は、「健康づくりに加え、体操が終わった後にお茶を飲むなど、みんなで集まる機会が増えました」と報告していました。

 

 
  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内