本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old kyu News(平成28年11月)

2016年11月24日

鮭の食文化を伝える



 11月16日、鮭のさばき方と料理教室が、小国川観光を会場に行われました。教室は、小国川漁業協同組合の鮭部会が企画し、多くの町民に舟形の鮭の食文化を伝えたいと開催されたものです。約10名の参加者は、鮭の三枚おろしを体験したほか、氷頭なますやざっぱ汁の作り方などを学びました。
 鮭部会では、子どもたちが鮭に触れる機会の提供などを今後検討していきたいと話していました。

学習センターふれあい文化祭



 11月15日、生涯学習センターで「学習センターふれあい文化祭」が行われました。文化祭は、長沢地区の活性化を目的に舟形わさわさ会が企画したものです。
 リングロー(株)の協力による年賀状作成や、カラオケ喫茶などが行われ、参加者はとても楽しんでいました。

車いすで福祉を学ぶ



 11月10日、舟形中学校で1年生を対象とした車いす体験が行われました。講師に東北福祉大学助手 高橋俊史氏を迎え、生徒たちは車いすの使い方等について学びました。
 この体験学習は、福 祉に力を入れている町の取り組みの一環で、足の不自由な方の気持ちを理解するために行われたものです。
 生徒たちは、車いすに乗る人と介助者に分かれて乗車を体験。生徒の一人は「乗ってみる と怖かったです。介助するときは、より気を遣うようになりました。」と話してくれました。

(取材:舟形中学校3年 原田一輝さん)

地域を守る新しい力



 11月10日、小型動力ポンプ付消防積載車の引渡式が役場で行われました。副町長から舟形町消防団長 加藤憲彦氏へ消防ポンプ車の鍵が引き渡されました。
 今回、第2分団第3部(内山)と第4分団第6部(紫山)へ新しい消防ポンプ車が導入されます

地域公共交通の未来を考える



 舟形町地域公共交通意見交換会が、11月9日に堀内・富長地区、10日に長沢・舟形地区で行われました。各会場では、町営バスや乗り合いタクシー等のより良いあり方について、通院や通学、買い物など、実際の利用を想定した話し合いとなりました。
 参加者の一人は「今のバス時刻だと、高校を早退しないと家までたどり着けないことを初めて知りました。」と話していました。

寸劇で交通安全を表現



 11月7日、町の交通安全教室が堀内生活環境改善センターで行われました。教室では、舟形町交通安全母の会のみなさんが寸劇で交通安全の重要性を訴えました。

冬を前に雪対策を確認



 11月4日、第2回町内会長会議が中央公民館で行われました。会議では主に、除雪計画や地域で支え合う除排雪について、町から各町内会長に説明が行われました。

町の交通安全のために



 11月4日、全国共済農業協同組合連合会山形支部から町にカーブミラー4基が寄贈されました。これまで、累計160基が寄贈されており、町の交通安全のために役立てさせていただいています。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内