本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old kyu News(平成28年6月)

2016年6月30日

地元食材で調理実習



 6月30日と7月1日、舟形中学校の家庭科の授業で、舟形町産アスパラガスを使った調理実習が行われました。これは、舟形町地産地消支援対策事業を活用したもので、地産地消給食の推進のほか、子どもたちに五感で舟形の食を感じてもらうための取り組みの一つです。
 この事業は、小中学生の農業に対する理解を深めるとともに、町内産農産物等の消費拡大や、食と農を通じた郷土愛を育むために創設されました。

町内河川清掃



 6月29日、鮎釣り解禁を前に、町内一斉河川清掃が行われ、約1200名が参加。約3,590㎏のゴミを協力して集めました。

初めての育児、その前に



 6月24日、育児プレスタート講座が保健センターで行われました。この講座は、赤ちゃんが生まれる前に知っておきたい育児のコツを学ぶことが目的で、保健師と助産師に、妊娠中の生活や出産準備の疑問、不安などを率直に聞くことができる場です。
 参加者は、赤ちゃんの発達と抱っこのしかた、妊娠・授乳中の栄養と食事、体操のしかた等を学習しました。また、参加者同士の情報交換や、男性の妊婦体験なども行われました。

町内外の有志がゴミ拾い



 6月19日、(公社)日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会が主催する“ふるさとOMIYARIプロジェクト”が町内で行われました。この活動は平成20年から続いている県内の環境美化運動です。
 新庄青年会議所では「もがみクリーンチャレンジ」と題し、一般のボランティアを募集。新庄市と舟形町から集まった29名が、舟形駅周辺地域のゴミ拾いを行いました。参加されたみなさん、本当にありがとうございました。

赤ちゃんにマッサージ



 6月14日、保健センターで「親子♡ふれあいベビーマッサージ講座」を行いました。この講座は、母と子のふれあいを通した愛着形成や絆づくり、ママ同士の交流等が目的です。また、育児不安について、保健師・助産師に産後2ヵ月から相談できる場としても期待されています。
 参加者は、専用のオイルを使ったマッサージのやり方等を助産師から学びながら、赤ちゃんとコミュニケーションを図っていました。

やんまいにんげろ



 6月11日、水稲の生育と人々の無病息災を願い、町内各地で病送りが行われました。

ちぎり絵を町へ寄贈



 6月8日、中野オコウさん(新庄市)から、「早春の月山」ほか、6点の和紙ちぎり絵が町に寄贈されました。

熱闘!プロレスが来たよ



 6月5日、「超花火プロレス 有刺鉄線電流爆破マッチ」がB&G海洋センターで行われました。  ㈱ファーストオンステージ(東京都)が開催したもので、いじめの撲滅を掲げた「子どもプロレス教室」等も実施。大仁田厚さんをはじめとしたプロレスラーが繰り広げる闘いに、来場者約300名は熱い声援を送っていました。
 来場者の1人は「プロレスを生で見たことは、子どもたちにも良い経験になりました。」と話してくれました。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内