本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old kyu News(平成28年2月)

2016年2月26日

町ラージボール卓球大会



 2月28日、第19回舟形町ラージボール卓球大会が、生涯学習センターで開催されました。
 結果は次のとおりです。

部門    男子1位        女子1位
Aクラス  高橋保美(長沢第3)   眞見静子(舟形第4)
Bクラス  加藤義昭(富田)      叶内ゆき子(内山)
Cクラス  高橋和彦(長沢第3)   大場艶子(内山)
ふれあいダブルス  伊藤春雄(内山)  叶内悦子(内山)

森 富広町長が初登庁



 2月26日、森 富広 新町長が初登庁しました。
 森町長は、職員への訓示で「私は選挙戦で『住んでいる人が誇れるまち、豊かな舟形』をつくりますと約束しました。それを実現するために、この4年間がんばっていきます。しっかりと話し合うことが大事で、話を聞いて、町政につなげるもの、町として考えていくものを判断していきます。一丸となって、私と一緒に一生懸命働いてください。」と述べました。

山形もがみ産直市



 2月25日、山形もがみ産直市が山形銀行仙台支店前で開催され、(株)舟形町振興公社がラズベリーケーキや漬物などをPR販売しました。
 今年で交流10年目を迎える仙台市立五橋中学校生徒の保護者の方々も立ち寄られるなど、たくさんの方にお越しいただきました。

長沢子ども遊々塾



 2月20日、長沢交流センター近くの日の出山で、冬期自然体験教室「長沢子ども遊々塾」が行われました。
 これは、長沢子ども遊々塾実行委員会が主催するもので、参加した親子など約70名は、そり遊びやチューブすべり等、雪遊びを存分に楽しみました。

ソフトテニス体験教室



 2月15・24日、、B&G海洋センターで舟形町テニス協会(会長 大場政人 さん)によるソフトテニス体験教室が行われました。
 教室は、子どもの頃に様々なスポーツを経験することが、将来のためになるとの観点から開催。子どもたちは、初めてのソフトテニスを楽しんでいました。

町囲碁・将棋大会



 2月11日、町囲碁・将棋大会、少年少女オセロ大会が中央公民館で開催され、105名が参加しました。囲碁・将棋大会は、段位等のレベルに合わせたのクラスに分かれ、対局を行います。
 参加者は、日頃研鑽を積んだ成果を存分に発揮し、時を忘れて対局を楽しんでいました。

除雪ボランティアが活躍!



 2月10~11日、東北福祉大学交流連携事業で大学生3名が来町し、幅町内会の一人暮らしの高齢者宅などで、除雪作業や交流を行いました。
 また、舟形中学校野球部の生徒が毎週金曜日に高齢者宅の除雪作業を行うなど、町内各地で除雪ボランティアが活躍しています。

最上地域農林水産業若者賞を受賞



 2月4日、八鍬良則さん(紫山)が最上地域農林水産業若者賞を受賞しました。
 八鍬さんは「もがみねぎ若手研究会」で、アドバイザーとしてほ場の巡回指導や栽培技術の向上を支援。若手生産者のリーダーとして地域の活性化に貢献し、技術や収量・品質も高い評価を得ていることなどが認められての受賞です。八鍬さんは「土がすべての基本で、安全・安心なものをつくることが大切です。」と話してくれました。

リングロー(株)住民説明会



 中古パソコンの販売等を行うリングロー(株)(東京都)から、長沢交流センターを利用したいという申し出があり、2月3日に生涯学習センターで住民を対象にした説明会が開催されました。
 会では、これまでの経緯や事業などを説明。参加者からは「どのように収益を上げるのか、数年間の事業計画を出してほしい」、「応援するためにも、みんなの意見を吸い上げる場をつくってほしい」といった意見が出されました。

町の農産物の魅力を探る



 2月1・8・18日、町農産物等販売促進研修会(全3回)を中央公民館で開催しました。講師には(株)ナチュラルアートの代表 鈴木誠さんを迎え、「農産物等の販売促進を目指して~舟形町の魅力を探る~」と題し、全国の事例紹介のほか、町の農業の未来について参加者と意見を交わしました。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内