本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old kyu News(平成26年8月)

2014年9月1日

大人塾パートⅢ「他文化に触れる」

 8月30日、舟形大人塾パートⅢの視察研修が行われ、塾生18名が参加しました。紅花資料館(河北町)や天童市の千布公民館と御苦楽園を視察。他市町村の文化などに触れるとともに参加者同士のつながりが深まり、充実した研修となりました。

のこった!のこった!

 8月29日、舟形小学校相撲場で1~3年生による第2回校内相撲大会が行われました。児童たちは学年・学級ごとの個人戦の勝敗による学級対抗で競い合いました。また、3年生による抜き相撲では、3人抜きを目指して熱い戦いを繰り広げました。
 会場には、家族やほほえみ保育園の園児など大勢の観客が応援に駆けつけ、小さな力士たちに大きな声援を送りました。

生きがい作り「シニア元気塾」

 8月29日、中央公民館で65歳以上の方を対象としたシニア元気塾が開催され、町内に住む50名が参加しました。この講座は、舟形町中央公民館や老人クラブを中心として立ち上げられたシニア元気塾実行委員会が企画・開催するものです。
 年間7回開かれる予定のこの塾では、高齢者の生きがいづくりのヒントとなる講話のほか、子どもたちとの交流やしめ飾り作りなどを通しての文化伝承も計画しています。

小さな力士たちの“力くらべ”

 8月24日、奉納さばね山相撲大会が猿羽根山相撲場で開かれ、舟形小学校の4~6年生男女合わせて141名が熱戦を繰り広げました。この大会は猿羽根山地蔵尊に奉納する伝統行事で、約300年前に力自慢の男たちが相撲を取ったことが始まりとされています。
 今回は舟形小学校の校内相撲大会として行う第2回大会。男子児童は「北の湖杯」、女子児童は「女神杯」を目指し、力の限りを出し合いました。
 また、各学年の男子児童による「抜き相撲」も行われ、3人抜きを達成した児童には、猿羽根山地蔵尊のお守りと竹などで作られた御幣(梵天)が贈られました。

舟形の自然を満喫

 8月23~24日、東京都港区立三光小学校の児童34名と引率者34名が今年も舟形町を訪れました。
 1日目は薬師の森(松橋)でブナ林トレッキングを行い、マザーツリーと呼ばれている大木の下で山菜汁が振る舞われ、大自然の中での昼食を楽しみました。2日目には畑仕事などの農作業体験や川遊びを行い、舟形の夏を満喫していました。

第96回 全国高校野球選手権大会(甲子園)

 庄司秀幸監督(太折出身)が指揮をとる山形県立山形中央高等学校が、甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われている第96回全国高校野球選手権大会に出場し、プレーだけでなく、球場内外においての礼儀・マナーでも、全国の高校野球ファンを魅了しています。
 大会4日目(14日)に初戦をむかえた小松(愛媛)戦では、最終回の9回表に4点を奪い、9-8と逆転に成功。勝利を収めました。大会9日目(19日)の2回戦では、東海大四(南北海道)と激突。延長10回表に先制した2点のリードを守り切り2-0と投手戦を制し、山形県勢初となる公立高校夏の甲子園ベスト16入りを果たしました。 大会11日目(21日)に、健大高崎(群馬)とベスト8をかけて対戦します。
 「がんばれ!庄司監督。がんばれ!山形中央高校ナイン。」
 町民みんなで応援しています。

二十歳の誓いを胸に

 8月14日、舟形町の新成人62名の成人を祝う式典「成人式」が、母校舟形中学校の体育館を会場に開催されました。会場には50名の新成人が集い、久しぶりに再会した恩師や友人らとの写真撮影や思い出話しに花を咲かせました。
 式典では、町長からの祝辞や恩師からのお祝いのメッセージの他、小学6年生の時に書いた家族新聞(山形新聞舟形専売所主催)が参加者全員に返還され、それを見ながら当時を振り返り、懐かしんだりと和やかに行われました。
広報ふながた8月号p2-3

「ホーッ ホッ ホッ」堀内盆踊り大会

 8月13日、堀内連合町内会や堀内田植え踊り保存会などで構成している堀内伝承文化保存会が中心となり、堀内盆踊り大会が堀内交流センターで開催されました。この盆踊り大会は約450年の歴史があり、町の指定無形文化財に登録されている伝統行事です。
 お墓参りを終えた地域の方が大勢参加し、太鼓に合わせて「ホー ホッ ホッ」と掛け声をかけながら、大きな輪を作って踊りました。

自己記録への挑戦

 8月8日、舟形小学校で水泳記録会が行われました。児童たちは個々の泳ぎのレベルに合わせてビート板を使ったり、50mに挑戦したりと日頃の練習の成果を発揮。自己記録更新を目指し、力の限り泳ぎました。
 児童の一人は「途中で苦しくなって足を着いてしまったけど、来年はちゃんと息継ぎができるようにがんばりたい」と意気込みを話してくれました。

光生園夏祭り

 8月6日、光生園の夏まつりが入所者とその家族の方や地区の方など、約500名の参加で開催され、踊りやカラオケ大会、模擬店などを楽しみました。また、今年はじめて縄文神輿会(西堀町内会)の縄文神輿が担がれ、「どっこい、そりゃ、そりゃ、そりゃ~」の威勢のいい掛け声とともに会場を練り歩き、夏まつりをより一層盛り上げました。
 フィナーレの花火では、夜空にたくさんの大きな花が咲き、笑顔 あふれるまつりになりました。
 このまつりは地域の方々をはじめ、たくさんのボランティアの方から支えられています。ありがとうございました。

戦没者を偲び、平和を祈念 ~戦没者追悼式~

 8月6日、苛烈を極めた先の大戦から69年目を迎え、戦没者追悼式が舟形町中央公民館で行われ、舟形町に住む遺族らが参加。志半ばで亡くなった方を偲びました。
 参加した遺族会の代表佐藤幸男さんは、慰霊棟に向かって今年あった出来事などを報告するとともに、戦没者の方々への追悼と世界平和を祈念する言葉を述べました。

親子で cooking!

 8月6日、ふれあい育児の広場が保健センターで開催され、親子など11組23名が参加しました。今回のふれあい育児の広場は「親子クッキング」。 入園前の子どもたちとお母さんたちがカルツォーネ風一口ピザ作りを行いました。参加したお子さんのひとりは「ママと一緒にお料理できて楽しい。」と話していました。オーブンで焼き上がったカルツォーネを会の終わりに、みんなでおいしくいただきました。

サマーボランティア

 この夏休みを利用して、舟形中学校の生徒たちが町内各地でサマーボランティアを行なっています。8月5日、舟形町中央公民館では午前中の涼しい時間帯に勉強会を開催し、小学生の夏休みの宿題の解き方などのお手伝いをしました。参加した小学生の一人は、「わからない言葉を国語辞典を使って、一人で調べられるようになった。夏休みの宿題も進んでうれしい。」と話してくれました。

夜の図書館で「夕涼み読書会」

 8月4日、舟形小学校の児童と家族を対象に、舟形小学校図書館を開放しての夕涼み読書会が行われました。これは、旧小学校にあった本をすべて集め、探しやすく整理した自慢の図書館を家族で利用してもらおうと開催されたものです。児童と保護者あわせて100名を超える参加者が、夜の涼しい図書館で、ふなっ子による絵本の読み聞かせや親子での読書などを楽しみました。

猿羽根太鼓を伝承

 8月4日、猿羽根太鼓後継者育成子ども教室が中央公民館で行われ、5名の小学生と親が参加。龍連山先生からプロの技を伝授されました。この教室は9月開催のふながた若鮎まつりでの出演に向け、計10回開催されます。

標高1000mを激走

 8月3日、蔵王坊平(山形市)のクロスカントリーコースで行われた、第17回山形県ジュニア駅伝競走大会・第39回蔵王坊平クロスカントリー大会に、舟形小学校と舟形中学校から選抜された11名が出場しました。気温が30℃を超えるたいへん厳しいコンディションの中、選手たちは自己記録更新と襷を次につなげようと力走。力の限りを尽くしました。

長沢子ども遊々塾 ~小国川ゴムボート下り~

 8月3日、長沢子ども遊々塾が、長沢交流センター裏の小国川で行われました。この塾は長沢親和会や婦人会、児童の保護者などの協力のもと、毎年行われています。今年は、「東麻布サマースクール」で夏の舟形町を満喫しようと訪れていた東麻布街づくり協議会のみなさん18名も参加。長沢地区の小学生29名と一緒にゴムボート下りなどの川遊びやお昼に振る舞われたおにぎりととん汁などを堪能。夏休みの思い出を作りました。

縄文炎祭 ~あゆみ~

 8月2~3日、縄文の女神の丘で3回目となる「縄文炎祭」が開催されました。この「炎祭」は、地域おこし研究団体「Tmプロジェクトf」と青年団体「FITS」の構成員などからなる縄文炎祭実行委員会が主催しているものです。今回は、テーマ「あゆみ」のもと土器や土偶などの野焼きや縄文花火大会、勾玉作り体験コーナーなど様々な催しものが行われ、町内外から来た来場者は真夏の熱いイベントを楽しみました。

里帰り展 ~縄文の祈りと願い~

 8月2~3日、「縄文の女神」里帰り展が舟形町中央公民館で開催されました。中央公民館2階に設けられた特設展示室に、青森県八戸市風張1遺跡から出土し、平成21年に国宝指定された「合掌土偶」(レプリカ)も一緒に展示。訪れた692名の来場者は縄文時代に創られた土偶の魅力に引き込まれていました。
 今回の里帰り展のもう一つの目玉「3Dプリンター」が登場。それから出力されたミニ女神(本物の4分の1で高さ11.25㎝)に色を塗る「塗り絵体験コーナー」も設けられ、塗り絵申込者は、思い思いの色を付け、ミニ女神を完成させていました。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内