本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old Kyu News(平成25年10月)

2013年11月27日

明るい舟形町の未来のために

 10月30日、第4回舟形町中学生模擬議会が舟形町議場で開催されました。舟形中学校の3年生50名が議員と傍聴者として参加し、普段の生活で感じている疑問や改善点などを質問し、提言を行いました。これは、舟形町議会と舟形中学校が、地方自治における議会の役割とまちづくりに参加する楽しさを知ってもらおうと開催したものです。

リンゴの花が咲きました

 10月29日、舟形若あゆ温泉の果樹園にあるリンゴの木が、今年2度目となる白くてきれいな花を咲かせました。本来は1年に1度しか花を咲かせないリンゴの木ですが、稀に急激な寒暖の差によって、春が来たと勘違いして咲いてしまうことがあるそうです。

カーブミラーで安全な街に

 10月28日、全国共済農業協同組合連合会山形県支部がカーブミラー4基を町に寄贈しました。これは、町の交通安全に役立ててほしいと毎年贈っているもので、町内各地の危険な個所に設置される予定です。交通安全のため、大切に使わせていただきます。

小・中学校で文化祭

 10月26日、舟形中学校で舟友祭が行われました。「未来へ~伝えたい想いを旋律(メロディ)にのせて~」をテーマに合唱コンクールが行われ、会場は美しいハーモニーに包まれました。  また、27日には、舟形小学校で「めがみDreamフェスタ」学習発表会が行われました。観客からはミュージカルなど迫真の演技や歌声に大きな拍手が送られました。

 

 

 

「災害」に備えて

 10月26日、舟形町総合防災訓練が長沢地区を会場に行われました。  今回の訓練は、強い地震による火災の発生を想定としたもので、情報の伝達や消防ポンプ車の出動、正確かつ迅速な操法、地区住民の避難誘導訓練、消火器を使用しての初期消火訓練などを行いました。

鮭が戻ってきた「よう」

 今年も小国川に鮭が遡上してきました。小国川漁業協同組合(組合長 沼澤勝善さん)では、舟形町富田地区にある小国川(最上川合流点から上流800m地点)で川幅いっぱいの“止め”を作り、「ウライ」と呼ばれる仕掛けで鮭を捕獲。捕まえた鮭から採卵・受精させ、来年の春に稚魚を放流する取り組みを行なっています。また、10月19日~11月10日まで間、有効利用釣獲調査として「鮭釣り」をすることもできます。希望される方は事前に申込みが必要です。

詳しくは小国川漁業協同組合ホームページ

スポーツで「いい汗 いい顔 いい仲間」

 10月13日、第21回舟形町スポーツフェスティバルが開催されました。町民の方352名が、町内に準備された各会場に分かれて、ソフトボールやグラウンドゴルフなど10種目の競技で良い汗を流し、交流を深めました。

米寿のお祝い

 10月10日、数えで88歳を迎えた大正15年生まれの68名の方に、米寿のお祝いが行われました。  一人ひとりのお宅を奥山知雄町長が訪問し、永年のご功績に対して感謝の言葉を申しあげると、みなさんにこやかに記念の賀詞とお祝の品を受け取られていました。  米寿を迎えられましたこと、心よりお喜び申し上げます。これからも、健やかでいらっしゃいますようお祈りいたします。

郷土を護る消防団

 10月9日、舟形町消防団本部付分団長の渡部広行さん(幅)が「郷土を護る消防団員表彰」を受賞しました。この賞は、地域の安心と安全を守るために献身的に、消防活動に尽力された功績を讃えて、山形県消防協会(会長渡邉茂治氏)から表彰されたものです。

夜光反射材で自分を守ろう!

 10月8日、高齢者の交通事故防止推進強化月間に合わせ、夜光反射材直接貼付活動キャンペーンを実施しました。町内の金融機関などの前で、反射材とチラシを配り交通安全を呼びかけました。  これからの時期は夕暮れも早くなります。日頃から反射材をつけて、交通事故から自分を守りましょう。

市町村親善ゴルフ大会

 10月6日、市町村親善ゴルフ大会が県民ゴルフ場で開催され、最上地区のゴルファー90名が参加し、熱い戦いを繰り広げました。舟形町からは20名が参加し、一般の部、シニア・レディースの部、市町村対抗の部で見事1位の栄冠に輝きました。

「メイド イン ふながた」が店頭に

 10月4日にオープンしたヨークベニマル新庄下田店に「山形県産の元気な野菜」コーナーが設けられ、舟形町チャレンジ農業実践塾の塾生が丹精込めて育てた地場野菜が並びました。中には、ジャムとして食べるとおいしいハックルベリーなど市場に流通しにくい野菜・果物も置かれ、そこでしか買えないものとして注目を集め、販売額の増加も期待されています。  また、(有)舟形食彩工房の漬物やお惣菜コーナーもあり、舟形の昔ながらの味も売られています。

舟形小学校で稲刈り体験

 10月3日、舟形小学校の5年生52名が学校の近くにある学校田の稲刈りをしました。  児童たちは長い穂をつけた稲を慣れない手つきながらも、稲刈り鎌を使い一生懸命刈り取りました。刈り取った稲は、田んぼ脇のフェンスに「はせ掛け」をして自然乾燥させました。

五橋中 秋の収穫を体験

 10月2日、仙台市立五橋中学校2年生の代表6名が、稲刈り体験を行うために舟形町を訪れました。生徒たちは鎌を使った手刈りと稲を束ねての「杭掛け」に挑戦しました。  今回の体験は、5月15日に野外活動の一環で田植え体験をした沖の原地区の学習田で行われ、管理してくださった佐藤勇さんから指導を受けました。  収穫した米は、約3kgに袋詰めして、11月12日の五橋中収穫感謝祭で生徒一人ひとりにお渡しします。

さつま芋 掘ったぞ~(^O^)/

 10月2日、ほほえみ保育園の年長児たちが、保育園脇にある畑でさつま芋掘りを行いました。 園児たちは芋のつるのつけ根を素手で掘っていき、土の中から顔を出した自分の顔よりも大きなさつま芋に「見て!見て!こんな大きなさつまいもがとれたよぉ~」と喜びの声をあげていました。  秋の恵みに感謝。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内