本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old!Kyu News(平成24年5月)

2012年5月31日

糖尿病検診リーダー研修会

糖尿病検診リーダー研修会写真

5月30日、長沢地区を対象に行われる糖尿病検診のリーダー研修会が生涯学習センターで行われました。町内会長・隣組長・衛生組合長を対象に行われたこの研修会には、山形大学医学部の海野先生らを講師に迎え、検診の内容説明などが行われました。

5期目となる今回は、特に眼科検診が充実しています。この糖尿病検診をぜひ受診しましょう。

田植えを体験

田植えを体験写真

5月30日、舟形小学校の学校田で5・6年生による田植えが行われ、「難しいけど楽しい。秋の収穫が楽しみです。」と児童の一人は話しました。

田植え後の管理として、田の草取りや消毒など収穫までにはたくさんの農作業がみんなを待ってます。

頑張りましょう!

稚鮎放流体験

稚鮎放流体験写真

5月30日、富長小学校の1・2学年児童24名と堀内小学校の全児童19名が稚鮎約2,000匹の放流をしました。子どもたちは「大きくなってね。バイバイ。」などと手を振りながら、泳いでいく稚鮎を見送っていました。

この稚鮎放流は毎年行なっている恒例行事で、5月31日には舟形小学校の2学年も体験します。

堀内小最後の運動会

堀内小最後の運動会写真

今年度で閉校する各小学校で最後の運動会が、5月27日に開催されました。

少数精鋭、堂々の行進です。優勝目指して頑張ります。

富長小最後の運動会

富長小最後の運動会写真

今年度で閉校する各小学校で最後の運動会が、5月27日に開催されました。

最後の運動会で優勝目指し、力を合わせて綱を引きました。

長沢小最後の運動会

長沢小最後の運動会写真

今年度で閉校する各小学校で最後の運動会が、5月27日に開催されました。

最後の運動会は地区住民も一緒に頑張りました。

舟形小最後の運動会

舟形小最後の運動会写真

今年度で閉校する各小学校で最後の運動会が、5月27日に開催されました。

応援団長を中心に、応援合戦にも力が入ります。

畑の楽校(がっこう)

畑の楽校(がっこう)写真

ここは5月24日、西ノ前のとある畑。舟中の3年生49人が平成19年から取組んでいる「畑の楽校」での様子です。この「楽校」は、地域の方と農作業を体験することで食物を作る知恵や技術、働くことの意義を学び、将来について考えるきっかけにしようと始まった授業です。熱い中、里芋植えなどの作業を体験した生徒たち。「秋の収穫が楽しみです。」と話していました。

東北管区行政評価局長表彰

東北管区行政評価局長表彰写真

5月18日、行政相談委員の伊藤宏さん(舟形第4)が東北管区行政評価局長表彰を受章されました。

伊藤さんは、平成13年から現在に至るまで、行政相談委員として行政などに対する苦情・要望の相談業務にご尽力いただき、その功績が認められこの受章となりました。

これからもよろしくお願いします。

英語でコミュニケーション

英語でコミュニケーション写真

5月17日、町内の小学校5年生の交流学習を兼ねた外国語活動が舟形小学校で行われました。平成15年度から全国に先駆けて行なっている舟形町の外国語(英語)活動。日本の英語教育の第一人者、阿部フォード惠子先生を招いての活動を行なっています。

今回は音楽に合わせて身振り手振りで英語を交え、周りの友達とコミュニケーションをとりました。

歓迎!五橋中

歓迎!五橋中写真

5月17~18日、仙台市立五橋中学校の2年生、223名が野外活動で舟形町を訪れました。6年目を迎え今年も田植え、畑作業などの農作業体験を行い、家庭に民泊して交流を深めました。生徒の一人は「自分で打ったそばを初めて食べました。とてもおいしかったです。」と話してくれました。

ご協力いただいた民泊先の83戸のご家庭のみなさん、暖かく迎えてくださった地域のみなさん、本当にありがとうございました。

平成24年度五橋中学校野外活動

非常事態への備え

非常事態への備え写真

5月16日、光生園が震度5強の地震発生を想定した合同防災訓練を開催。最上広域消防南支署、町消防団、木友自主防災組織さくら会の方なども参加し、避難誘導訓練や初期消火訓練、応急処置訓練などを行いました。

縄文土器陶芸教室

縄文土器陶芸教室写真

5月15日、西堀公民館で縄文土器製作教室が行われ、西堀町内会の女性部の方など、約25名が参加しました。舟形焼き薫風窯の金寛美先生の指導のもと土器をつくりあげました。この教室は、8月4日から西堀のふながた女神の丘で開催される縄文炎祭の時に、作成した土器に花を飾り、周辺道路を彩ろうと企画されたものです。

参加者は、「土いじりはすごく楽しい。祭りがとても楽しみです。みんなで盛り上げましょう。」と話していました。

若鮎交流塾

若鮎交流塾写真

5月14~15日、若鮎交流塾(叶内富夫塾長)が仙台市立富沢中学校2年生約120名の体験教育旅行の受け入れを行いました。生徒たちは、田植えと林業(枝打ち)の農業体験をした後、町内41軒の民泊先へ宿泊して、山菜などの田舎料理をはじめ町の魅力を満喫しました。

若鮎交流塾では田舎の「暮らし」「遊び」「食」「文化」体験を通して、「里地里山の保全」と、「楽しみ」となる交流を目指して毎年受け入れをしています。

G・Gオープニング大会

G・Gオープニング大会写真

5月11日、舟形町グラウンドゴルフ協会オープニング大会があゆっこ村特設コースで開催。運動不足の解消と生涯スポーツの振興、参加者相互の交流を深めることを目的に舟形グラウンドゴルフ会員約50人が参加しました。竹屋スエ子さん(紫山)が、2つのホールインワンを達成するなどし、見事に優勝しました。今後も継続して大会が行われるようです。

ほなみで「おはなみ」

ほなみでお花見写真

5月11日、地域密着型福祉複合施設ほなみで、恒例となった舟形第2老人クラブと合同の花見が行われ、約40名が参加ました。本陣桜を眺めながら、昼食会や歌とゲームに笑顔が咲きました。

吉村知事と縄文の女神

吉村知事と縄文の女神写真

5月7日、西ノ前土偶「縄文の女神」の国宝答申を受けて、吉村美栄子山形県知事が現地を視察しました。奥山町長が同行し、出土地近へのモニュメントの建築の計画や6月8日からの「里帰り展」についての説明を行いました。それに対し、吉村知事からは、「『女神』らしく、柔らかくやさしい感じがいいですね。」とアドバイスをいただきました。

春季消防演習

春季消防演習写真

5月5日、平成24年度春季消防演習が開催されました。この演習は、消防精神と団員の士気の高揚を図り、災害に備えて実力のある消防力を確立することを目的に毎年行われるもので、今年は舟形消防団員や関係者ら約450人が参加しました。

アユパークでは、小・中隊訓練やポンプ操法演習など、日頃の鍛練の成果を披露しました。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内