本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old!Kyu News(平成23年1月)

2011年1月31日

a Happy Smile

a HappyS mile写真

舟形小学校の日本語と英語の両輪で育てるコミュニケーション「a Happy Smile」の取り組みが、東京海上日動教育振興基金の学校研究助成に選ばれました。1月25日に表彰状が井上校長に手渡されました。

今回の受賞は、平成15年度から全国に先駆けて行なっている英語活動や伝統的言語文化「百人一首」への取り組みが評価されたものです。井上校長は「これからも笑顔で生き生きと自分の力を発揮してほしい。」と話しました。

教育功労

教育功労写真

1月31日、教育功労者表彰式が行われ、太田教育委員長が受賞者に表彰状を手渡しました。

この表彰は、町の教育、芸術、文化の向上、発展に貢献のあった方に毎年行われており、相撲競技で活躍する後藤大樹さん(神室産業高校1年)ら23名の個人、1つの団体の方が受賞しています。

詳しくは、2月25日発行の広報ふながた2月号をご覧ください。

雪と風の中、スキー大会

雪と風の中、スキー大会写真

1月30日、長沢小学校と舟形小学校でスキー大会が行われました。なかでも舟形小学校では、雪と強い風の中での大会となりました。学年別のタイムレースの他にもリレーやミカン拾いなども開催され、ご父兄や地域の方の大声援の中、コースを駆け巡りしました。

今後、2月6日には富長小学校と堀内小学校で開催される予定です。

地域のちから

地域のちから写真

豪雪対策本部も設置され、雪の降り続く日が続いています。そんな中、地域での取り組みが高齢者などを支えています。

1月29日、長尾町内会では、一人暮らし高齢者7名のお宅を対象に、屋根の雪下ろし、軒下の除雪を行いました。また、長者原町内会と消防団でも、一人暮らし高齢者宅を対象に屋根及び軒下の除雪を行っています。

地域の「想い」に心から敬意を表します。

恒例の立志式

恒例の立志式写真

1月28日、舟形中学校で恒例の立志式が行われました。立志とは目標を定め、それを成し遂げようとする心のことです。この日は2年生40名が自らの想いを1字に託し、凛と張り詰めた空気の中で決意を発表しました。

叶内みのりさんは、「向」という字に、「将来は、農家を継いで、体にもいいものを作りたい。そのために。努力して向かっていきたいです。」との思いを込めました。

心の世紀が建議書を提出

心の世紀が建議書を提出写真

舟形町心の世紀行財政改革推進委員会(委員長大場和夫氏)では、昨年6月から今年1月まで計11回に渡り、行財政課題に関する協議を行ってきました。

委員会では、職員の人件費の抑制や適正な職員数など主な視点8項目、改革の目標年度を平成27年度までの5年間と定め建議書にまとめて、1月26日大場委員長ほか5名の委員が出席して町長に手渡しました。

卯まく、跳ぼう!

卯まく、跳ぼう!写真

1月23日、第24回新春町民なわとび大会が開催。27チーム、約400名が交流を深めました。

【小学生の部優勝】
長沢ファングジョーカー267回

【中学生の部優勝】
☆ナー’s102回

【一般男子の部優勝】
長者原町内会111回【大会新記録】

【一般女子の部優勝】
長者原若妻会40回

【一般混成の部優勝】
舟形ビッグビッグサンダーズ60回

光生園でマグロの解体ショー

光生園でマグロの解体ショー写真

1月19日、光生園で新年会のイベントとしてマグロの解体ショーが開催されました。山形丸魚新庄営業所とフレッシュマート・ベニーほしかわの星川求一さんのご協力により実現。約30㎏のクロマグロは頭、背中、お腹と手際よくさばかれ、約1時後には、お刺身や焼き物として利用者に振る舞われました。

利用者の一人は「マグロの生態も学習できたし、解体は迫力があった。そして何よりとても美味しかった。よい1年になりそうです。」と話してくれました。

豪雪対策本部設置

豪雪対策本部設置写真

年明けより断続的に降り続いた雪は、1月19日現在、舟形地区で150cmを超えました。そこで町では、雪害を未然に防止するために豪雪対策本部(本部長奥山知雄町長)を設置しました。今後も降雪が予想されることから、安全な除雪作業、雪崩被害防止、農業被害防止などに十分注意ください。

また、高齢者や一人暮らしの世帯などで、除雪や日常生活などに困っている方は、民生児童委員や町に相談してください。

舟形町豪雪対策本部
(舟形町役場総務課情報管財班)
電話:(32)2111(内線241)

町道除雪に関する問い合わせ
舟形町役場振興課地域整備第二班
電話:(32)2111(内線433)

高齢者の除雪サービスに関して
舟形町役場町民課福祉班
電話:(32)2111(内線342)

伝統行事「水木団子」を体験

伝統行事「水木団子」を体験写真

1月14日、舟形ほほえみ保育園で、小正月の「水木団子」の飾り付けを行いました。これは、五穀豊穣を祈る伝統行事を園児たちに体験してもらおうと、舟形町老人クラブ連合会(会長沼沢貞雄さん)と一緒に行なったものです。

食紅で色づけされた色とりどりの団子やお飾りを大きな水木に飾りました。

ふれあい育児の広場

ふれあい育児の広場写真

1月13日、ふれあい育児の広場で小正月の「水木団子」の飾り付けを行い、11名が参加。折り紙で織った干支のウサギなどを水木の枝に飾りつけました。

髙橋泉吹ちゃん(2歳)とお母さんの恵さん(幅)は「初めての水木団子つくり。友達と一緒に楽しくできました。」と話してくれました。

ラジオカーが真木野に

ラジオカーが真木野に写真

1月12日、山形放送のラジオカーが御柴灯の火にあたるお地蔵さまの取材に真木野町内会を訪れました。このお地蔵さまは、真木野地蔵菩薩と言われ、子宝や子育て地蔵として深く信仰されています。真木野婦人会が着物を作ってお地蔵さまに着せるなどして、地域で大切にしています。

放送には小野嘉彦さん、小野里子さん、小野枝美子さんが出演。今年の御柴灯は1月23日に行われる予定です。

無事故・無火災を祈願

無事故・無火災を祈願写真

1月10日、町消防団の安全祈願祭が中央公民館で行われ、今年1年の無事故・無火災を祈願しました。出初め式では、加藤団長、奥山町長のあいさつの後、舟形本町通りで各分団による祝賀放水が行われました。私たち、一人ひとりも防火意識を高め、安全安心な町になるように努力しましょう。

しかし、消防団の団員減少も進んでおり、団員確保が急務となります。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内