本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old!Kyu News(平成22年4月)

2010年4月30日

縄文時代にタイムスリップ

縄文時代にタイムスリップ写真

4月26日、長沢小学校で山形県埋蔵文化センターの齊藤主税さん(内山)を講師に迎えて出前教室が行われ、縄文のくらしについて学びました。舟形・長沢地区の縄文遺跡の学習や本物の土器や石器に触れるたり、火おこし体験をしました。

6年生の山田史織さんは「私の家の近くでも土器が出ると聞いてとても驚きました。貴重な体験、ありがとうございました。」と話していました。

舟中運動会

舟中運動会写真

4月30日、舟形中学校運動会が行われました。悪天候により1日順延して行われたこの運動会のテーマは「挑戦」。

紅組は「威風堂々」のテーマのとおり自信に満ち溢れ、紅組は「以心伝心」のテーマのとおりみんなで支え合って戦いました。

今にも弾けそうな桜のつぼみのちからを上回る、舟中生のパワーに大きな拍手が送られました。

きれいなまちに!

きれいなまちに!写真

舟形中学校の生徒の皆さんが、県縦断駅伝競走大会の応援終了後、恒例となった道路のゴミ拾いを行いました。生徒の皆さん、いつもありがとうございます。

生徒たちに負けず、みんなできれいなまちにしていきましょう。

大きな大きな声援

大きな大きな声援写真

第56回県縦断駅伝競走大会が行われ、2日目の4月28日に舟形町を通過しました。沿道には、舟形小学校や舟形中学校の児童・生徒など、たくさんの方々が応援に駆け付け、タスキを繋ぐランナーに声援を送りました。

舟形町からは山口大陽選手が、計2区間を力走。特に3日目の第21区(長井-川西)では、区間3位となり、新庄最上チーム躍進の原動力となりました。

がんばれ!山口選手!

がんばれ!山口選手!写真

第56回山形県縦断駅伝競走大会(4月27~29日)に出場する「新庄・最上チーム」。舟形町からは、山口大陽さん(舟形町教育委員会)が出場します。「町の子どもたちに夢を持ってもらえる走りをします。」と山口選手。

この大会は、県内11地域の代表が、約300㎞、28区間で健脚を競う春の一大スポーツイベントです。2日目には舟形町を通過します。山口選手、新庄・最上チームをみんなで応援しましょう!

こぶしの道ウォーキング

こぶしの道ウォーキング写真

4月25日、こぶしの道ウォーキングが36名の参加のもと行われました。天候にも恵まれ、春の匂いを感じながら、咲き始めた「こぶしの道」を約40分間歩きました。

参加者の一人は、「みんなで楽しく歩くことができました。秋のウォーキングにもぜひ参加したい。」と話していました。

福寿野まつり

福寿野まつり写真

4月24日、福寿野まつりが行われました。このまつりは、南無地蔵大菩薩の奉納のまつりで、家内安全・身体堅固を祈願するものです。

今年は、24日が休日であったこともあり、あいにくの天候にもかかわらず、例年より多い約50名が参加。まつりのメインの神輿では、子どもたちが元気よく町内を練り歩きました。

ようこそ1年生!

ようこそ1年生!写真

4月23日、舟形小学校で1年生名を迎える会が行われました。2~6年生は、1年生に喜んでもらうために自分たちの手で学年ごとにクイズや自己紹介を行いました。楽しそうな1年生の笑顔がとても印象的でした。

今年、舟形小学校では「大きい声」で話すことを目標としています。この会もマイクを使わず、みんなに聞こえる大きい声で発表しました。

スポ少結団式

スポ少結団式写真

4月17日、スポーツ少年団結団式がB&G海洋センターにて行われ、12団体、約100名が参加しました。

団員を代表して、堀内バドミントンの小野美鈴さんと富樫省吾くんが「スポーツを通して、心と体を鍛え、仲間と元気に明るく活動します。」と誓いの言葉を言いました。

富長小学校で交通安全教室

富長小学校で交通安全教室写真

4月16日、富長小学校で交通安全教室が開催されました。児童たちは横断歩道では素早く渡ることなどを学びました。

交通指導員さんや駐在さんらの指導で行われるこの教室は、15日には長沢小で行われ、舟形小学校と堀内小学校でも行われ、実際に通学を歩くなど地域の交通事情に合わせた指導が行われる予定です。

町内会長連絡協議会

町内会長連絡協議会写真

4月16日、町内会長連絡協議会が行われました。町内会長は、町内会のリーダーで、地域づくりをけん引するなど多くの役割を担っています。

今年から会議の方法を変え、「ワークショップ」形式を取り入れて、町内会間の情報交換に多くの時間を使われました。特に「災害時要援護者避難支援プランなど、高齢者世帯が増える中での地域の支え合いの大切さ」や「女性代表など、地域の中での女性の意見や役割の重要性」などについて意見が出されました。

スクールバスをピカピカに

スクールバスをピカピカに写真

4月16日、スクールバスの運転手7名が、舟形オートの伊藤初さんを講師に迎え、「洗車講習会」を行いました。通常のシャンプーなどでは落ちにくい汚れを、鉄粉とりやワックスがけなどできれいにし、バスを長持ちさせるプロの技術を学びました。

運転手さん方は、「今まで落とせなかった汚れを、きれいにすることができた。これからは、月2回くらいはワックスをかけ、バスを長持ちさせたいと話します。」これからも、きれいなバスで子どもたち安全と夢を運びます。

納税組合長会議

納税組合長会議写真

4月15日、町納税組合長会議が行われ、委嘱状交付の後、平成22年度の活動を確認しました。納税組合長は、町税などをみなさんから集めて納付したり、納税意識の高揚を図る活動をします。

町納税貯蓄組合連合会長の佐藤正良さんは、「みなさんの納税意識の高さから、平成20年度の町税(一般会計)の収納率は、県内で第2位です。町税は納期までに納めましょう。」と話していました。

交通ルール、交通マナー

交通ルール、交通マナー写真

4月13日、春の交通安全県民運動に合わせ、ドライブマナーアップキャンペーンが行われました。最上地区交通安全協会舟形支部、交通安全母の会の方など14名が参加。国道13号線脇の駐車場で、交通安全を呼びかけるチラシと反射材などを約200名のドライバーへ手渡しました。

舟形町民として、交通ルールを守り、正しい交通マナーを身につけましょう。

南支署式竣工式

南支署式竣工式写真

4月12日、最上広域消防署南支署(八鍬則昭署長)の竣工式が関係者約60人の出席のもと行われました。1億4200万円をかけ建設されたこの南消防署は、事務所、研修室のほか、緊急ヘリポートなどが設けられ、消防ポンプ車、救急車、広報車を1台ずつ配備しています。

新たな防災拠点として舟形町、大蔵村だけでなく、最上地区全体の安全確保に貢献します。

今年も火災「0」

今年も火災0写真

4月10日、春の火災予防運動(4月9~22日まで)に合わせ、防火キャラバンを行いました。消防車両により町内を巡回し、火災の予防を呼びかけました。今年度も火災「0」を目指し、みなさんで火の用心に努めましょう。

平成22年度全国統一防火標語

「消したかな」あなたを守る合言葉

入学式

入学式写真

4月8日、各小中学校で入学式が行われました。

長沢小学校では、11名の児童が入学。希望と喜びに満ちた新入生の笑い声が、澄んだ青空に響き渡りました。

平成22年度入学児童・生徒数

舟形中学校49名

舟形小学校20名

長沢小学校11名

富長小学校12名

堀内小学校2名

春の交通安全県民運動

春の交通安全県民運動写真

4月6日、春の交通安全県民運動の出発式が行われ、15日までの春の交通安全県民運動がスタートしました。舟形町内では1年4か月交通死亡事故が発生していません。この日は飲食店など29ヶ所を回り、飲酒運転の撲滅を呼びかけました。

4月は、通行に不慣れな新入学児の通学が始まります。私たちが交通ルールを守ることが、子どもたちなどの交通弱者を守ることにつながります。

運動の基本

「子どもと高齢者の交通事故防止」

ほほえみ保育園入園式

ほほえみ保育園入園式写真

4月5日、ほほえみ保育園の入園式が行われ、希望に溢れる32名の新入園児を迎えました。

4月1日現在、152名(0~5歳児)となった舟形ほほえみ保育園。

「町を担う大切な宝の子どもたち。『育ち』の環境を家庭と連携・協力しながら、健やかに過ごせるよう職員一同頑張ります。」と伊藤園長は話します。

大場輝美さんを教育委員に再任

大場輝美さんを教育委員に再任写真

4月1日付けで、大場輝美さん(長沢第2)が町教育委員会委員に再任されました。大場さんは、平成5年4月から町教育委員会委員を務められ、今回で5期目となります。

今後も大場さんの教育行政での活躍が期待されます。

森長沢駐在さん

森長沢駐在さん写真

4月から長沢警察駐在所に勤務されている森昭彦巡査部長です。人事異動で山形署からおいでになりました。

森駐在さんよりみなさんへ一言。「家族ともどもみなさんの安心安全な生活のために頑張ります。何かありましたら、お気軽に相談ください。」

消防協力事業所表示「第1号」

消防協力事業所表示第1号写真

4月1日、町消防団協力事業所表示証の第1号が(株)伊藤組(代表取締役伊藤重さん)に交付されました。この制度は、防災力強化のために、従業員に2人以上消防団員がいる、消防団活動へ積極的に取り組んでいるなどの事業所に認定証を交付するものです。事業所は、表示証を掲げることで社会貢献を広報することが出来ます。

奥山町長より交付を受けた伊藤組の伊藤光信さんは、「地域の安心安全な生活のために微力ながら貢献したい。」と話しました。

「ほなみ」開所式

「ほなみ」開所式写真

4月1日、(福)舟和会(理事長井上達磨さん)が運営する地域密着型複合施設「ほなみ」の開所式が行われました。旧舟形保育所を改修したたこの施設は、小規模多機能型住宅介護事業所と地域密着型老人福祉施設が併設されています。町に住む要介護認定を受けている方などが利用できます。

開所式で、奥山町長は「利用者に安心安全な生活を送っていただくとともに、地域に愛される施設にしていきましょう。」とあいさつしました。

 

画像

テキスト

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内