本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old!Kyu News(平成22年1月)

2010年1月31日

校内スキー大会

校内スキー大会写真

1月31日、町内3つの小学校で校内スキー大会が行われました。

堀内小学校では、個人競技はもちろんのこと、全校リレー、親子競技や地域の方も参加の「みかんひろい」などが行われ「地域の行事」となりました。

また、同校では体力を向上させようと、1年を通じて毎日ランニングするなどし、その成果は140日間欠席「0」を数え、体力のある元気な児童がたくさんいます。

山形中央高校甲子園へ

山形中央高校甲子園へ写真

1月29日、凍てつく寒さの中ひと足早い「春」が舞い込みました。県立山形中央高校が第82回選抜高校野球大会の21世紀枠出場校に選ばれ、初の甲子園切符を手にしました。

皆さんご存知のとおり、チームを率いる庄司秀幸監督は太折出身。また、1年生で内野手の大山拓さんは堀内出身。もちろん二人とも舟形中学校野球部出身です。

庄司監督は、「私が現役の時に果たせなかった甲子園。子ども達とかなえることができて本当にうれしい。」、大山さんは、「確実な守備で二遊間を死守する。大舞台でも平常心でプレーしたい。」と話しています。

21世紀枠での出場は県勢初。去年の秋季東北大会は、準々決勝で秋田商に敗れたものの、0-1の9回サヨナラ負けと東北王者に惜敗。実績はもちろん、「感謝心」を掲げるこのチームは、率先して学校周辺の清掃活動に取り組むなどしていることも選考理由として高く評価されたようです。

現在3年生の近藤大志さん(西堀)、加藤学さん(堀内)ら先輩たちの歴史が積み重なった成果ではないでしょうか。

みんなで応援しましょう!

家庭教育講演会

家庭教育講演会写真

1月27日、ほほえみ保育園で約40人の保護者が参加して、家庭教育講演会が行われました。子どもソーシャルワーカーの吉住和子さんが「今こそ親像をすりこむ子育てを」と題して講演。「いい親像」を残す子育ての大切さを学びました。

また、「参加して観る」がテーマの保育参観も行われ、「鬼のお面」作りに参加したり、お当番やおやつを食べる様子を観たり、子ども達の成長を感じる一日になったようです。

教育功労表彰

教育功労表彰写真

1月27日、教育功労者表彰式が行われ、太田教育委員長が受賞者に表彰状を手渡しました。受賞者を代表して、空手競技個人形で活躍する坂上愛さん(堀内)が「本日はありがとうございました。これからも努力していきます。」と話しました。

この表彰は、町の教育、芸術、文化の向上、発展に貢献のあった方に毎年行われており、今年度は19名の個人、1つの団体の方が受賞しています。

なお、小・中学生の部の表彰は、各学校で行われます。

真木野で御柴灯

真木野で御柴灯写真

今年1年の家内安全と五穀豊穣を祈願する「御柴灯」が各地区で行われました。1月23日に行われた真木野町内会の御柴灯では「お地蔵さま」も一緒に火にあたります。

このお地蔵さまは、真木野地蔵菩薩と言われ、子宝や子育て地蔵として深く信仰されています。毎年12月には小野枝美子さんが中心となって真木野婦人会が着物を作ってお地蔵さまに着せるなどして、地域で大切にしています。

光生園でそばの振る舞い

光生園でそばの振る舞い写真

1月12日、光生園に入居する方に定泉寺住職の梅津法聖さんが美味しいそばを振る舞いました。

昨年から梅津さんのご厚意により実施され、「最上早生」を使ったそば50食分を皆さんの前で実際に打っていただきました。梅津さんのそばへのこだわりは、雪室に貯蔵したそば粉を「雪室そば」と商標登録するほどで、腕前も一流。

食べた方は「こんなに美味しい十割そばを食べる機会はなかなかない。つるつるしこしことても美味しい。」と感激していました。

みんなでジャンプ!

みんなでジャンプ!写真

1月17日、新春恒例の「第23回新春町民なわとび大会」が開催され、28チーム、407名が参加しました。2人が跳び縄をまわして8人で跳ぶ、団体の部と、連続なわとびの時間を競う個人の部が行われ、交流を深めました。結果は「広報ふながた1月号」をご覧ください。

一般の部に参加された皆さん、筋肉痛は治りましたか?

舟形町商工会新春講演会

舟形町商工会新春講演会写真

1月15日、舟形町商工会の新春恒例の講演会が中央公民館で行われました。山形県商工会連合会長の小野木覺氏が「夢を追いかけて30年」と題してご講演をいただきました。小野木氏は「中央に販売し、地方にお金を集めることが地域に活性化につながる。」と話されました。

また、講演会に先立って、昭和36年から続く舟形町商工会の結団式が行われました。4月より最上町、大蔵村商工会とともに「もがみ南部商工会」として新しいスタートを切ります。

「水木団子」の飾り付け

「水木団子」の飾り付け写真

1月14日、舟形ほほえみ保育園で、小正月の「水木団子」の飾り付けを行いました。これは、五穀豊穣を祈る伝統行事を園児たちに体験してもらおうと、舟形町老人クラブ連合会(会長佐藤景雄さん)と一緒に行なったものです。食紅で色づけされた色とりどりの団子やお飾りを大きな水木に飾りました。

園児を代表して、海藤さくらさん(紫山)らが「一緒に飾り付けをして楽しかったです。どうもありがとうございました。」と話しました。

消防出初め式

消防出初め式写真

1月10日、舟形町消防団の安全祈願祭が中央公民館で行われ、今年1年の無事故・無火災を祈願しました。その後、舟形本町通りで各分団による祝賀放水も行われました。

昨年は、消防団の予防消防の徹底と町民の皆さん一人ひとりの防火意識の高さから、「無火災」の舟形町。今年も安全安心な町になるようにみんなで努力しましょう。

祝!250万人

祝!250万人写真

1月9日、舟形若あゆ温泉が250万人目の利用者を迎えました。平成5年8月に開業してから、16年と5カ月目での達成です。平成16年に改築し、昨年は第2源泉を開湯するなど、皆さんお一人おひとりのご愛顧に支えられ営業をしています。

記念すべき250万人目となった小松光栄さん(西堀)は「毎日のように舟形若あゆ温泉に入りに来ています。足腰が元気になるお湯です。」と話していました。

御柴灯

御柴灯写真

1月7日、舟形八幡神社で「御柴灯」が行われ、今年1年の家内安全と五穀豊穣を祈願しました。古くなった御札や破魔矢などを燃やして身払いを行うこの行事は、毎年「七草」の日に行われる恒例行事で、舟形連合町内会と八幡神社氏子の皆さんが中心となり実施しています。

この御柴灯は、町内各地区においても行われ、伝統が受け継がれるとともに地域交流の場としても重要な役割を果たしています。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内