本文へ移動 文字サイズ背景色ふりがなをつける音声読み上げご利用案内

Old!Kyu News(平成21年7月)

2009年7月30日

お元気ですか?

お元気ですか?写真

7月30日、「私達ができる心の健康づくり活動~自殺を減らすために~」と題し、秋田大学の佐々木准教授による講演会が約100人の参加により開催されました。

悩みは誰にでもあること、人を支える言葉、実は地域のつながりが一番重要であることなどについてお話しいただきました。

参加者の一人は、「家族にも話してあげたい」と語り、非常に有意義な講演会となりました。

夢見心地

夢見心地写真

7月29日、光生園の夏まつりが開催され、大勢の方が模擬店や大花火大会などで楽しみました。また、大泉逸郎さんによる歌謡ショーが行われ、「孫」などを心を込めて歌っていただきました。あこがれの大泉さんの歌声に会場は大歓声に包まれました。

尚、このまつりはたくさんのボランティアの方に支えられています。ありがとうございました。

力を合わせて!

力を合わせて!写真

7月26日、新庄玉姫殿などが主催する第4回少年玉玉カップにおいて、舟形ベースボール倶楽部が強豪チームを破り優勝しました。このチームは、舟形町野球スポーツ少年団の3チームの5・6年生で構成され、創立2年目を迎えます。次の大会でも優勝目指して頑張ってください!

(お待ちしております)

このような子ども達の活躍の情報を是非お寄せ下さい!

威風堂々

防操法大会最上郡大会写真

7月26日、消防操法大会最上郡大会が行われ、第1分団第1部(幅)が6年連続出場しました。

同地区の大応援団の見守る中でしたが、残念ながら上位入賞はなりませんでした。

長い練習の日々お疲れさまでした。

幸福の青い○○○

幸福の青いアマガエル写真

皆さんがご存じのアマガエルは緑色ですよね。なんと、この蛙は、背中を中心に青色です。黄色、青色、黒色、色素で緑色となるそうですが、黄色が抜け落ちた色彩変異で青色になったようです。この珍しい蛙は、水野幸さん(堀内)が発見されました。

幸福の青い鳥ならぬ、青いカエルですね。

サマースクール

サマースクール写真

7月25日~26日、港区東麻布協議会サマースクールが開催され、児童ら24名が舟形町を訪れました。この交流は今年で5年目を迎え、ブナ林の散策や川遊びを行って舟形町の魅力を満喫しました。

富長小学校の児童・保護者と交流をしました。

町民みんなで

町民みんなで写真

7月22日~8日31日まで、明るいやまがた夏の県民運動が行われます。

7月22日に行われた出発式では運動の重点を確認するとともにほほえみ保育園児による鼓笛隊の演奏が行われました。

夏は、気のゆるみや疲労などで交通事故・水の事故・青少年の非行なども増える傾向にあります。町民みんなで運動を推進しましょう!

匠の技

匠の技写真

7月21日、小国川で「ダイワ鮎マスターズ南東北大会」が開催されました。大会には東北一円と北関東などから154名が参加し、鮎釣りの技を競い合いました。

尾花沢市在住で小国川FC所属の古川選手が見事優勝に輝きました。また2位にも小国川FC所属の佐々木選手が入り、上位1位と2位を小国川FC所属選手が独占しました。おめでとうございます!

交流の証

交流の証写真

7月18日~19日、港区三光小学校の児童と保護者41名が舟形町を訪れました。この交流は、富長小学校と堀内小学校が交互に行っているのもですが、今回初めて三光小学校が舟形町を訪れました。

自分たちで打ったそばを食べたり、「一万個の積木」で交流の証「ドリームシティー」を共同で作ったりと、短い間ではありましたが素晴らしい交流となりました。

思い出いっぱい

思い出いっぱい写真

7月18日~20日、長沢小学校と世田谷区山崎小学校の交流が行われ、山崎小学校の5年生56名が舟形町を訪れました。歓迎式では、長沢三吉太鼓で歓迎しました。

あいにくの雨により、楽しみにしていた川下りはできませんでしたが、ウォークラリーや児童宅への宿泊などでたくさんの思い出ができました。

新しい家族

新しい家族写真

7月18日~20日、舟形小学校と世田谷区代沢小学校の交流が行われました。代沢小学校の5年生32名が3日間にわたり舟形町の魅力を満喫しました。舟形マッシュルームやアグリテックなどの施設を見学。児童宅へ宿泊するなど交流を深めました。

お別れの時には、「また会おうね!」と涙とともに約束。新しい家族が増えましたね!

風の香も南に近し最上川

風の香も南に近し最上川写真

7月17日、芭蕉が詠んだ句の句碑を猿羽根山公園に建立する除幕式が約60人が出席のもと行われました。

奥のほそみち大学の梅津保一学長により「おくのほそ道と最上川」と題した講演も行われ、羽州街道の猿羽根山峠から眺めた最上川の景観や芭蕉に思いをはせました。

ナイスバッティング!

ナイスバッティング!写真

7月12日、町民グラウンドで町民ソフトボール大会が開催されました。3チーム、約40名が参加。珍プレー、好プレーに一喜一憂、参加者の交流を深めました。

優勝した「パペッツ」チームは攻守ともにまとまりがある素晴らしいチームでした。

鮎師集結!

鮎師集結!写真

7月12日、小国川を会場にシマノジャパンカップ鮎釣り選手権大会が開催されました。遠くは、新潟・山梨などから集まった162名の鮎釣り師たちが技を競い合いました。

しかし、気温も水温も低かったためか鮎の追いが悪く、選手たちは苦戦。釣果としては厳しい結果となりました。

尚、この日釣りあげられた鮎は、小中学校の子ども達の学校給食に提供されます。ありがとうございました。

どっこい、そぉりゃ!

どっこい、そぉりゃ!写真

7月12日、西堀町内会で古くからおこなわれている八幡神社への奉納とともに、出土した縄文土偶へ感謝するおまつりが行われました。神輿を支える担ぎ手の熱気が町内を包みました。

今年、西堀町内会は40周年の節目の年を迎え、今後、記念式典を予定しているとのことです。

地域で支える遊々塾

地域で支える遊々塾写真

7月11日、長沢子ども遊々塾が開催され、塾生ほか、親和会、長沢地区連合婦人会、長沢地区連合町内会の皆さん、152名が参加し、ボート遊び等、川で遊ぶ楽しさを体験した。

今回は、山形大学の学生が地域が連携して取組んでいる長沢子ども遊々塾の手法を学びたいと参加。さらに、卒塾生の舟形中学校の生徒からイベントをサポートして頂きました。

わっしょい!わっしょい!

わっしょい!わっしょい!写真

7月11日、木友町内会で山神社奉納のおまつりが行われました。奉納祈願の後、子ども達が神輿を担ぎ、町内を元気いっぱいに練り歩きました。

また、光生園を訪れ、利用者と一緒に神輿を担ぐなど町内全体でおまつりを盛り上げました。

相撲王国富長小!

相撲王国富長小!写真

富長小学校の児童が相撲で個人・団体で全国大会および東北大会に参加します。

7月8日、選手達は町長室を訪れ、県大会での報告と東北大会・全国大会へ向けた意気込み、相撲の面白さなどについて、町長と熱く語りました。

【大会日程】

わんぱく相撲全国大会:8月2日国技館

東北学童相撲大会:8月20日宮城県

七夕

七夕写真

7月7日、舟形ほほえみ保育園で七夕お楽しみ会が行われましれ、短冊に願いを込めて、笹飾りにつるしました。

土田陸翔くん(舟形3)は「ロケットに乗って宇宙に行きたい!」と短冊に記していました。みんなの願いがかなうといいですね。

あいにくの雨模様ですが、おり姫と彦星は無事会うことができたでしょうか?

英語は楽しい!

英語は楽しい!写真

舟形町英語教育研究会の合同英語活動が行われ、言語文化専門家の阿部フォード恵子先生を迎えて、町内の6年生54名が歌などを通して英語に親しみました。

長沢小学校の高橋有海さんは「積極的に話すことができた。新しい単語も覚えられてよかった」と話していました。

心温まる世界

心温まる世界写真

沢内義明さんの「蟻人形」、成沢強さんの「小品盆栽」、小野幸弘さんの「ウチョウラン」による「三人展」を開催しております。丹誠込めて作り、育てたものですので、是非ご覧ください。

7月10日(金)まで農村環境改善センターにて開催しています。

有事への備え

有事への備え写真

7月5日、長尾地区で消防団夏季非常招集訓練が行われました。この日は、住宅密集地で火災が発生したという想定での延焼を防ぐための放水訓練、河川増水の対策としての水防訓練などが行われました。

また、後半には地域の方の初期消火訓練も行われ、消火器を使用しての消火訓練を行いました。

太鼓の響き

太鼓の響き写真

7月4日(土)、猿羽根太鼓の伝承活動を発展させるため町内の子どもたちを対象に「猿羽根太鼓後継者子ども教室」を開催しました。

講師は、(財)日本太鼓連盟1級公認指導員の龍連山先生です。これから、9月のふながた若鮎まつりでの発表に向けて練習します。

舟形小の沼沢徹太くん(3年)は、「太鼓に興味があったので参加しました。上手に打てるようになりたい」と話していました。

躍動!

躍動!写真

7月2日、輓馬写真コンクール審査会が開催され、43名の方々から84点の応募があり、審査員により厳正なる審査を行ったところ、入賞作品が決定いたしました。

グランプリには山辺町の斉藤進さんの作品「まだまだどうした」が輝きました。

入賞作品は、若あゆ温泉に展示しますのでご覧ください。

社会を明るくする運動

社会を明るくする運動写真

「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、今年で59回目を迎えます。

7月2日、舟形町保護司会(会長伊藤清紀さん)の皆さんが舟形駅や学校で運動の啓発や非行防止のために呼びかけを行いました。

トライワーク

トライワーク写真

舟形中学校の2年生が総合学習の一環として職業体験を行っています。特に農業と福祉について学ぶことを目的とし、町内の福祉施設や農家のご協力のもと実施しています。

デイサービスセンター遊楽館で職場体験をしている伊藤友紀子さん(内山)は、「おじいちゃん、おばあちゃんと話すのがすごく楽しい。素晴らしい仕事だと思います。」と一生懸命にお風呂掃除をしながら話してくれました。

交流の輪

交流の輪写真

7月2日、第35回最上広域身体障害者スポーツ大会が生涯学習センターを会場に開催されました。障がい者の体力の増進と交流を目的に、最上広域障害者福祉協会連合会が主催したもので、151名が参加しました。輪投げ、スカットボールなど5種目で8市町村の対抗戦を行ない、舟形町は準優勝でした。

毎回参加しているという斎藤三郎さん(木友)は、「少し緊張したが、練習の成果が出せた。みんなと一緒に楽しくやれたことが一番です。」と笑顔で話してくれました。

鮎釣りを楽しんでいただくために

鮎釣りを楽しんでいただくために写真

7月1日、鮎釣り解禁にあわせて、町防犯協会(会長原田久雄さん)と新庄警察署が車上狙い防止の防犯パトロールを行いました。

県内外から訪れる小国川の鮎釣りファンに、安心して楽しんでいただこうという想いから実施しました。今後も定期的に行う予定です。

シーズン到来!

シーズン到来!写真

7月1日、いよいよ、鮎釣りが解禁されました!あいにくの雨模様となりましたが、たくさんの太公望たちが小国川を訪れています。

小国川漁協によれば、昨年に比べて天然遡上鮎の数はまだ少ないものの、放流魚が順調に育っていて、昨年並みの釣果は期待できそうとのことです。

  • 防災情報
  • 夜間・休日案内
  • 交通情報

舟形町役場

〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形263番地

TEL 0233-32-2111

(代表電話)

Mail info@town.funagata.yamagata.jp

  • ダイヤルガイド
  • 庁舎案内